Home > 食事でダイエット


リンク



オンラインショップ104


 GABA(ギャバ)ダイエット

 お酢ダイエット

 キノコダイエット

 キャベツダイエット

 コーヒーダイエット

 シモン茶ダイエット

 タマネギダイエット

 低炭水化物ダイエット

 杜仲茶ダイエット

 朝バナナダイエット


 Lーカルニチンダイエット

 寒天ダイエット

 ギムネマ茶ダイエット

 黒豆ダイエット

 シソ酢ダイエット

 チョコレートダイエット

 中鎖脂肪酸ダイエット

 豆乳ダイエット

 プチ断食ダイエット

 ごぼう茶ダイエット




GABA(ギャバ)ダイエット
  GABA(ギャバ)とは、ガンマアミノ酪酸のことで種子の胚芽部分に多く含まれている。(特に発芽玄米)
特長として、血圧上昇を抑える効果やリラックス効果、肝臓・腎臓の働きを高める効果、ダイエット効果などがあります。
 
方法 ダイエット効果には、血中の中性脂肪やコレステロールの値を抑える働きがあり、手軽にダイエットするなら白米から発芽玄米に換えるといいでしょう。
 
Lーカルニチンダイエット
   Lーカルニチンとは、リジン・メチオニンからなる成分で肉(特にラム肉)に入っている。効果として、脂肪をミトコンドリアまで運ぶ働きをするものです。ミトコンドリアでは、脂肪を燃やしてくれます。
Lーカルニチンダイエットとは、Lーカルニチンを摂取することで脂肪を運ぶ働きを効率良くして、ミトコンドリアで、多くの脂肪を燃やすというものです。より効果的にダイエットしたい場合はLーカルニチンを摂取した後に運動するといいでしょう。しかし、肉を食べた直後に運動するのは体に良くないので、時間をあけるか、サプリメントを使うことをおすすめします。
Lーカルニチンは20歳を過ぎると体内から減少していき、そして、男性より女性の方が不足しています。健康のためにも、摂取した方が良いでしょう。
お酢ダイエット 
  お酢には酢酸が含まれていて、クエン酸回路を活発にする働きがあり、そのエネルギーとして脂肪を燃やしています。そして、お酢を黒酢にすることで黒酢のアミノ酸が脂肪の燃焼を助けてくれます。
 
方法 お酢の酢酸は豚肉(100g)のビタミンB1といっしょに摂取すると脂肪の燃焼を高めてくれます。
1日の飲む量は30mlで食後に5~7倍の水で薄めて飲むとよい。
 
寒天ダイエット 
  寒天に含まれる食物繊維の働きにより、血糖値の上昇がゆるやかになったり、コレステロールの吸収がゆるやかになったりして、ダイエットが期待できます。また、食事前に寒天をちょっとつまむと、お腹がふくれて食事の量を減らすことができます。
 
方法 粉寒天4gに対して水500ccを加え、よく混ぜ合わせます。そして、鍋に移し、おたまなどでかき混ぜながら火にかけ、沸騰したら弱火で2分程度煮ます。あとは、ボウルやタッパーなどの型に流し込み、冷まします。お好みで100%ジュースや豆乳を加えてもよい。
他には、味噌汁やスープに入れて飲むやり方もあります。
 
キノコダイエット
  キノコを食べることによって、キノコに含まれるキノコキト酸が食べた脂肪・油を吸収して体の外に排出してくれます。
 
方法 キノコの種類はエノキダケ・マイタケ・シイタケで、1日15g食べると脂肪を排出してくれます。食べ方は、まずキノコを天日干しにして乾燥したら、電子レンジで30秒チンして、すり鉢で細かくすりつぶす。それをスープに入れたり、ふりかけにして食べる。(1週間は保存できる)
ダイエットをより効果的にするには、みそを混ぜると良い。例えば味噌汁など。
 
ギムネマ茶ダイエット 
  ギムネマは摂取すると甘みを感じる器官の働きを抑える効果と小腸で糖分の吸収を抑える効果がある。糖分の吸収を抑えることでダイエットにつながります。
 
方法  ギムネマ茶を飲むときは空腹時より食事中か食後が良いでしょう。しかし、ギムネマ茶を飲むと甘みを感じにくくなるので、食事中に飲むときは食欲がなくなる場合があります。
 
キャベツダイエット 
  食事の前にキャベツを食べることで満腹中枢を刺激し、食事の量を減らします。
 
方法 毎食前にキャベツを食べる。 ポイントは時間をかけてよく噛むこと(10分)。そうすれば脳の満腹中枢が1時間は刺激されます。
1回分の目安は1/6個分(約200g)。5cm角に切って食べると歯ごたえがあり、より満腹感が得られます。
 
黒豆ダイエット 
  黒豆の中にはシアニジンという成分が入っていて、シアニジンが食事によって体内に入ると食べた脂質の吸収を抑えて脂質を体の外に排出させる働きがある。(黒豆は体脂肪を減らす効果とは別に血液をサラサラにする効果もあります。)
 
方法 一番効率よくシアニジンを摂取するには、黒豆の煮汁を飲むと良い。その煮汁を料理に使うことも可能です。1日の摂取量は乾燥した黒豆30gほどです。
作り方は、黒豆120gに対して水2リットルの割合で、まず水に豆を5時間つけておき、その後に中火であくを取りながら沸騰させないように5分間煮て出来上がりです。注意することは、シアニジンは
100℃を越すと壊れてしまうため、沸騰させないようにしてください。保存は冷蔵庫で3日間なのでそれまでに飲むようにしてください。
 
コーヒーダイエット 
  コーヒーの中のカフェインによって、交感神経を刺激して白色・褐色脂肪細胞を活性化させて、脂肪燃焼を活発にすることと、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が褐色脂肪細胞を活性化させて燃焼力を上げてくれます。
 
方法 ダイエットするときのコーヒーの飲み方は、浅煎り豆のブラックのホットで、1日4~5杯のコーヒーを3時間ごと(食後、入浴前)に飲むことです。
注意点として、カフェインは2週間飲み続けると体がカフェインになれてしまうので、ダイエットの効果がなくなってしまいます。またダイエットしたい場合は1~2週間カフェインをとらないことが必要です。ダイエットするためにコーヒーの飲みすぎや無理に飲んだりすることは胃に負担をかけたり、体に悪いのでやめましょう。
 
しそ酢ダイエット
しそに含まれるロズマリン酸によって食べた糖質を脂肪に変えさせない作用を利用するやり方です。
 
方法 飲み方としては、食後に50mlを水やハチミツなどで割ると飲みやすい。また、ドレッシングとしても使える。
作り方は、しそ200g、黒酢500mlを用意し、まずしそをすりつぶして、それをこして黒酢と混ぜるとできあがる。
飲みすぎには注意しましょう。
 
シモン茶ダイエット
  中南米産のサツマイモの一種からできていて、食物繊維がたくさん入っており体内の不純物を取り除いたり、シモン茶に含まれるレスチンが血液中にたまったコレステロールを溶かしてくれる効果があります。
 
方法 飲み方は10分煮出して、それを水代わりに飲む。1日の飲む上限は2リットルまでです。
 
タマネギダイエット 
  タマネギのケルセチンが脂肪細胞にたまった毒素を排出して、機能低下していた脂肪を燃焼する酵素の燃焼リパーゼの働きを良くします。
 
方法 食べ方は、スープを作り1日2~3回に分けて500ml飲む。スープの作り方は、タマネギの皮をむいて、くし形に切る。切ったタマネギと水120mlを具が無くなるまで煮る。水が消えたらタマネギが隠れるまで冷水を加え、ミキサーで細かくして完成です。
 
中鎖脂肪酸ダイエット
  普通の植物油は炭素数が18個ぐらいですが、中鎖脂肪酸は炭素数が8~10個の飽和脂肪酸で、普通の油より短い鎖の脂肪酸です。
普通の植物油は、吸収後に脂肪が蓄積されて必要なときエネルギーに分解されますが、中鎖脂肪酸の油は、体の中で分解されやすくエネルギーになりやすいという性質があり、体の中に脂肪が蓄積されない特長があります。
 
方法 揚げ物や炒め物の料理するときに普通の植物油を使うより、中鎖脂肪酸の油(日清の健康オイル ヘルシーリセッタなど)を使うことでダイエットの助けになります。
 
チョコレートダイエット 
  血糖値をすばやく上昇させる働きがあり、食前にチョコレートをとることで上昇した血糖値が満腹中枢を刺激し、食欲が抑えられます。
 
方法 カカオ含有率70%以上のチョコレートを1日50g以下の量、.食前20分位前に少量を食べる。食べ過ぎるとカロリーオーバーで逆効果になってしまう。
 
低炭水化物ダイエット
方法 炭水化物の食事を一部カットする。炭水化物は食べると体のなかで糖に変わる。だから、炭水化物=糖質となり糖質カットにつながる。しかし、糖は脳に必要なものなので、 やりすぎると危険なため、ごはん( 米 )の量をすこし減らす程度でよい。例えば、おかわりをしない。ものたりなかったら、おかずを増やすとよい。しかし、バランスよく食べないで肉だけ食べるダイエットなどすると逆に体に悪い。
そのほかに食事のとり方によってもダイエットできる。炭水化物を初めに食べるとインスリンが高くなるため太りやすい、しかし、サラダなどの食物繊維から食べるとインスリンが低くめになりダイエットにつながる。
豆乳ダイエット 
  豆乳を飲むことで、基礎代謝を上げる効果があり、便秘にも効く。それは、大豆ペプチドの効力である。豆乳を飲むことによって大豆タンパク質が体の中で分解され、アミノ酸になり、大豆ペプチドとなる。しかし、豆乳を飲むだけでは大豆ペプチドの効果は薄い。大豆ペプチドの効果を大きくするには、タンパク質をうまく分解することである。
 
方法 豆乳を飲む前に豆乳と酵素をまぜることである。豆乳は、調整豆乳と無調整豆乳があるが濃度の高い無調整豆乳を使うと良い。酵素とは、フルーツ酵素のことで生フルーツ(特にパイナップル、キウイフルーツ)の中に含まれている。作り方は、豆乳500ccと生フルーツ100cc(5:1の割合)をミキサーでまぜる。フルーツジュースを使うときは、果汁100%ジュースで低温殺菌されたものが良い。作ったら分解させるために冷蔵庫に30分ぐらい置いておく。作る量は、1日分で明日の分は明日作る。飲む時間は食事30分前ぐらいで飲むと良い。すると腸内環境を整えて、余分な脂肪と糖質を抑制する。
ダイエットを効果的にしたい場合は、豆乳を黒豆の豆乳にすると良い。黒豆には、アントシアニンという成分が含まれており、脂肪燃焼を良くしてくれます。
 
杜仲茶ダイエット
メタボリックシンドローム解消に効果があるもので、血圧安定のほかに利尿作用、鎮痛効果、内臓脂肪の燃焼効果などがあります。
 
方法 杜仲茶の作り方、1日で飲みきれる量で約10gの茶葉で濃く煮だす。濃すぎても飲みにくいので、1リットルの水に3gのパックで10~15分煮だしても良い。(飲みすぎには注意しましょう)
ダイエットを効果的にするには、運動をすることも必要です。
 
プチ断食ダイエット
方法 3日間という短い期間で食事を抜いて腸を改善しようとするものである。3日間というのは、ちょうどいい期間なので、やりすぎは危険である。もう一度やるときは前回から数日間は時間をおいてやる。食事はできないが、そのかわり野菜ジュースやスープなどで栄養をとる。  このダイエットは腸を休ませるものなので野菜ジュースは繊維のないものが良い。そして、プチ断食を終えたらすぐにごはんを食べてはいけない、まずは胃にやさしいおかゆなどを食べると良い。
 
朝バナナダイエット
方法 朝食の代わりに常温の水とバナナを食べる。バナナは何本食べても大丈夫。間食したいときはバナナを食べるとよい。
あと、適度な運動をすると効果が増します。
 
ごぼう茶ダイエット
ごぼうに含まれるサポニンを摂取することでダイエットや美肌に効果があるとされている。
方法  ごぼう茶の作り方
1.ごぼうを水洗いし、スライサーなどで皮ごと薄く切る。
2.天日干し、あるいは電子レンジで乾燥させる。
3.乾いたらフライパンで炒る。
あとティーパックに入れてお茶として飲むだけ。
 Home | サイトマップ | ご利用案 | お問い合わせ | リンクについて

SEO [PR] J[h[r @C ₦΍ ^T[o[ SEO